企業看護師の仕事内容

企業看護師の仕事には、いくつかの種類があります。

1つ目は、新薬の開発などに関わる治験の作業における、治験コーディネーターの仕事。

2つ目は、新薬の開発における、治験が適正に行われているかなどをチェックする、治験モニターの仕事。

3つ目は、医療機器のメーカーなどで働く、クリニカルコーディネーターの仕事。

4つ目は、企業に勤務して、社員の健康管理をする看護師の仕事。

大きく分けると以上になります。

どの企業看護師の仕事も、一般の企業に就職する形になる為、週休2日や、日勤のみで夜勤がない事が特徴です。

一般の病院で働く場合には、ほとんどの職場が、日勤と夜勤の勤務、そして、土日の出勤もあります。

企業看護師に転職すれば、比較的に規則正しい勤務ができる為、看護師に人気の職場となっています。

企業看護師の場合、一般病院での勤務と違い、どの職種においても、データ管理などの、デスクワークが多い事も特徴です。

パソコンに不慣れな事がストレスにならないように、企業看護師として働く場合には、ある程度、パソコンに慣れておくと、仕事がスムーズに行えると思われます。

さらに、患者さんではなく、健康な人を相手に仕事をする為、コミュニケーションスキルも必要です。